スーパーブログ蟹光線

とても楽しいブログサイト。管理人の名はスケです。

ヤバいサッカー部員との思い出

スケです。

気がついたらブログ1周年を迎えてました。

すごいですね。

ブログを始めた当初ってのは誰だって毎日更新しようと思い、毎日の出来事をとにかくブログに載せちゃったりしません?

僕はそうでした。

そう...あれは僕がブログを始めて3日目の事...

 

今日はこの一年間語る事の出来なかった話をノンフィクションでお送りします。

 

2017/3/23

〜あらすじ〜

高校入学前の春休み、僕はサッカー部員(以下部員)の家に遊びに誘われました。

 

僕はサッカーがめちゃクソ下手だったので同年代のサッカー部部員からのあだ名はゴミでしたがその部員はちゃんと僕を苗字で呼んでいたので安心と信頼があったから喜んで遊びに行きました。

 

因みにサッカー部員は僕の陰部を普通に触ってくるクソホモ野郎しかいませんでした

 

(ネットでカスみたいなサッカー部員の悪口を言うのは気持ちがいいZOY)

 

〜部員宅〜

 

ガチャ

スケ「こんにちは〜」

部員「よぉスケ。」

スケ「家の人は?」

部員「今日、両親留守なんだよ」

スケ「ほぇ〜」(エロ漫画かよ)

部員「まぁ上がれや」

 

〜二階〜

 

スケ「これから何すんだよ」

 

部員「なぁ...野球拳しようや...」

 

スケ「えぇ...(困惑)ゲームしようズェ...」(マジで何言ってんだこいつ)

部員「そうだな...その1時間後に野球拳な!約束な!」

スケ「そんな約束嫌だ...」

 

〜1時間後〜

スケ「マイクラってたのし〜」

部員「もう1時間か。スケ、そろそろ野球拳しようぜ...!!」

スケ「まだ言ってんのかよ...ハハハ...」

 

部員「出さなかったら負けな!じゃーんけーん!!」

 

スケ「ハァ!?」

 

部員「俺が負けたらちゃんと脱ぐから!!!」

スケ「ハァ!?」

 

ポン

 

(スケの負け)

 

部員「ぐへへ...」(冗談抜きでこんな笑い方してた)

 

〜その後〜

面白い様に負けるスケ

スケ「寒い😵」

部員「わかった。上着てていいから下脱いで。それと陰部触らせてガチガチにしてやんよ。イヒヒ」

スケ(来るんじゃなかった...)

部員「全然お前の[データ削除済み]でかくならねぇな」

スケ「何故[データ削除済み]触る必要があるんですかね...」(きったねコイツ)

 

部員「だって他の部員も触ってたじゃん?」

 

スケ「ふざけんなよ」

 

〜〜〜

こうして僕は部員の家を出て行き来ました。

ホモはホモを産む。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

そんな感覚で彼らは僕の陰部を握っていたようです。

 

スケ「今日の事は絶対にブログに載せちゃダメな奴だ...今日は何もない一日だった事にしよう。そうだ、代わりにそこに落ちてる鍋の画像でも載せて今日のブログにしよう...

f:id:Suke873:20180331221927j:image

これにてこの話は終わりになります。

 

そ̶し̶て̶こ̶れ̶が̶後̶日̶談̶の̶L̶I̶N̶E̶で̶す̶

(追記:このブログが部員本人まで届いたのでLINEの画像は消去しました。代わりにこの画像を貼っておきます。)

 

f:id:Suke873:20180403144913j:image

(スペシャルサンクス:のぎへっぺん)

 

あいつ...今...元気でやってるかな...(涙)

 

〜おわり〜